2018-06

琵琶湖マリオット・ホテル

P_20180422_133551.jpg
琵琶湖マリオット・ホテル 初宿泊。名神竜王インターから30分ほどでした。
DSC05972.jpg DSC05942_20180428110934376.jpg

部屋

今回、配偶者の母を伴っての親孝行シリーズ。温泉付きの部屋にしたかったので2部屋予約。写真は2部屋混ざってます。
部屋内レイクビューの温泉露天風呂 
DSC05959_20180428113014ecf.jpg DSC05961.jpg
温泉の成分表  シャワーが室内なので少々面倒
DSC06005.jpg DSC05964.jpg

こちらも温泉付きの部屋ですが室内なので外は見えません その分景色は◎
DSC05952.jpg DSC05947_2018042811364691c.jpg
室内温泉なので音がします プラチナアメニティーの白ワイン(ハーフ)とハーゲンダッツ
DSC05948.jpg P_20180422_191242.jpg
 #室内温泉は就寝時などうるさく感じた時には連絡して止めてもらえます

ラウンジ 1Fにあります
カクテルタイムは 17:30から  ご当地ワインも◎
DSC05970.jpg P_20180422_182626.jpg
個人的には摘みとしても夕食としても◎
DSC05989.jpg DSC05994.jpg

DSC05995_20180428120240c49.jpg DSC05991.jpg

朝食 12F
個人的には雰囲気△ 修善寺の方が良かった印象 
DSC06010.jpg DSC06014.jpg
ラウンジでの料理の印象が良かったので 期待が大きすぎたのか印象が薄かった
DSC06009.jpg DSC06020.jpg

施設
プールとコインランドリー、大浴場(人がいたので写真なし)は 別館 
DSC05982_20180428121214f32.jpg DSC05978_20180428121209699.jpg


スポンサーサイト

Marriott Rewards & SPG 2018年8月に変更

Marriott8月規約ー1
Marriott RewardsとSPGは本日、2018年8月移行に有効となるプログラムの変更を発表しました。
個人的に気になったポイントだけUPします。その他はHPを確認ください。
#以下はHPからの画像キャプチャーなので見にくい面もあると思います。

会員レベルについて
ゴールドでは朝食やラウンジアクセスが無いのでSPGの資格イメージになっています。
SPGゴールド=マリオットゴールドについては「えっ!これでいいのか?」だったので
個人的には、これで良いと思いますがプラチナ3段階で解りにくく感じます。
Marriott8月規約ー6

ライフタイム会員資格
ポイント条件が無くなっているので個人的には嬉しい変更です。
Marriott8月規約ー4
7~8年前からSPGからMarriott メインに変えていたのでモヤモヤ感がありましたが、スッキリしてくる気がします。
SPGのスターポイント割り引きセールが魅力的だったので寂しく思います。最後にパワーUPして実施してくれないかな?

【Starwood Preferred Guest American Express Card】 American Express からのメール
SPGプログラム変更に伴う特典改訂のご案内
Marriott8月規約ー10

Marriott8月規約ー8

Marriott8月規約ー9

SPG American Express については、統合発表時に保険のつもり(SPG-G=Marriott-G)でカードを作りましたが、もう意味が無くなった感じです。




伊豆マリオットホテル修善寺

DSC05929_20180310163508b63.jpg
伊豆マリオットホテル修善寺宿泊者の口コミなど評価も良いので今回初宿泊!

3月3日(土)パリから羽田に到着。夜の到着でしたので空港シャトルのある京急EXイン羽田に1泊して3月4日(日)に伊豆マリオットホテル修善寺にチェックインしました。
京急EXイン羽田近くの天空橋駅から京急線で横浜。横浜からはJRで熱海乗り換えで三島。三島ー修善寺間は伊豆箱根鉄道を利用。修善寺駅からはラフォーレのシャトルを利用しました。

昨年ラフォーレからホテル部門(全部ではないようです)がマリオットにリニューアルされています。チェックインについてはラフォーレ的なのか、時間を掛けて丁寧な感じで、個人的にはもう少し効率を計っても良いように感じました。

部屋 
温泉露天風呂付プレミアルームキング にUPして頂きました 
DSC05881.jpg DSC05885.jpg
部屋での露天風呂は気軽に入れて素晴らしいです 何回も(少なくても5回以上)入りましたよ
DSC05884.jpg DSC05900.jpg
独立型シャワーと洗面        プラチナアメニティのアイスクリームとビール
DSC05888_20180310171737235.jpg DSC05899.jpg
#プラチナの500Pも付いてました

ラウンジ
ビール、スパークリングワインなど(スコッチはない)のアルコールと摘み系
DSC05892.jpg DSC05896.jpg
カクテルタイムの設定は特にないようで昼間からアルコールOK !
DSC05905.jpg DSC05895.jpg
#ホットミールやパン系が無いので夕食代わりにはなりません。しかし昼間からアルコールフリーは◎このラウンジの評価は難しい~

朝食 2Fのレストランで朝食です!
ここは日本のホテルの朝食で久々の◎!       卵料理のオーダー用紙
DSC05908.jpg DSC05923.jpg
茶そばも嬉しかった!久々の日本の味     
DSC05916_20180310173545b27.jpg DSC05914_20180310173547a18.jpg
ワッフルやドーナツもありました             ジュースは搾りたて生で◎
DSC05918.jpg DSC05921.jpg

その他施設
温泉スパ水着着用ゾーン(通常の大浴場もあります)     ロビー
DSC05939_2018031017433791c.jpg DSC05931_2018031017433503b.jpg
フィットネスセンター                    ランドリー(有料)
DSC05934_2018031017433342e.jpg DSC05937_20180310174334e30.jpg

今回旅行の帰りに寄りました。自宅から修善寺は遠いので時間的にも費用面でも東京の往復時に利用するのが僕らには効率的です。これからも機会があれば利用したいリゾートです。
#パリの旅行記は只今、花粉と闘いながら準備中!

Marriott Rewards MegaBonus Up To 3,000 Bonus Points Per Stay

MegaBonus 2018-1
Marriott Rewards の MegaBonus !

~滞在のたびに最大3000ポイント!獲得は2回目の滞在から~
2回目の滞在から1滞在につき2,000ポイント そして 週末はさらに1,000ボーナスポイントを追加で獲得出来ます。

 ・登録: 2018年3月31日までに登録
 ・滞在​: 2018年1月16日から4月15日までの期間にプログラム参加ホテル/リゾート滞在
      獲得上限は最大50,000ポイント

    登録は☞ココ


マリオット リワード ロールオーバーナイトとステータスバイバックの終了

マリオット最新
マリオット関連の複数のブログで
「ロールオーバーナイトとステータスバイバックの終了 」という書き込みが見られ、メールで通知があったとの事でしたのでメールを確認したら・・・日本時間 2017/12/01 9:37で確かにありました!簡単に見逃していました・・・う~ん・・・この時期に改悪ですか?

最新情報をお見逃しなく。 とありましたが見逃してました!サラッと書いてますね!
~マリオット リワード 、ザ・リッツ・カールトンおよびSPGに関する最2018年に計画されている変更は次のとおりです。~
マリオットニュース 1

これって、最初に書くべきでしょ!~新しいHertz特典の導入~がトップだよ!順序逆じゃないかね。他社提携が上位の最新ニュースとはマリオットも凄いね。
このニュース僕見てるんですよ!Hertz特典が目に入った瞬間次に行ってるんですね。

ステータスバイバックは利用した事無いので良いですが(プラチナからゴールド落ちは一度ありますが利用していません)、しかしロールオーバーナイトはマリオット リワード の良い制度の一つと思っていたので残念です。来年に生かせると思えば75泊を超えてもマリオット利用しますが、来年以降はSPGでポイント稼いでマリオットに移行するか、ヒルトンの選択肢になってきますね。客が他社に流れることまでは計算していないのかな。

«  | HOME |  »

プロフィール

おっけー

Author:おっけー
2007年にMarriott Vacation Club の会員になり旅行のスタイルが変わりました。
English Version 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する