2007-05

Grando Hyatt Bali

P1090567.jpg

Grando Hyatt Bali
ただ今、宿泊中です。空港から空港タクシーで85000ルピアでした。
最近タクシー代が上がったとは聞いていましたが・・・「高いな~!」と思いました。

ホテルは現在リノベーション中で、東の村(グランド・クラブ)が閉鎖されていた為,部屋は西の村に案内されました。(工事は7月までの予定だそうです)
仮のクラブ・ラウンジは西の村と南の村の間にある「ウォーター・コート」になっています。

今回ポイント宿泊で3泊です。部屋のカテゴリーは分かりませんが、ゴールド・パスポート・ダイヤ特典でラウンジアクセスOKとなりまた。
(部屋4111、仮ラウンジの目の前)

ラウンジは、7:00~23:00 (ソフトドリンク)
  朝食        7:00~10:30(コンチネンタル)
  カクテルサービス  17:00~19:00(アルコール類と軽食)

朝食はコールドミールで、ちょっと寂しく感じました。
昼間は、ソフトドリンクとクッキーなどです。(かなり寂しい)
カクテルタイムは、毎日カナッペ(軽食)が変わるので「良し悪し」を感じるかもしれませんが、工夫しているように見えます。
僕が気に入ったのは、焼き鳥・かっぱ巻きです。

噂のように、かなり広い敷地なのに、庭の手入れが素晴らしいです。
刈り込められた芝生は見ていて気持ちが良いです。
プールは1.3mの深さで、リゾート感あふれる作りで、長さがあります。
「大人のスペース」「スポーツ系のところ」ウォーター・スライダーのある「子供と家族が楽しむエリア」と区分けが出来ているようです。
素晴らしいプールです。

また泊ってみたいホテルです。
スポンサーサイト

Le Meridien Kuala Lumpur

P1090454.jpg

Le Meridien Kuala Lumpurは昨年9月以来これで4回目。昨日、ヒルトンに泊っていたため移動は至って簡単。同じホテル内の部屋変更といった感じだ。
部屋は前回同様「Le Royal Club room and Suites」にUPされた。今回3泊で予約していたので嬉しい。やっぱりスイートはゆったりしていて良い。(夫婦での旅行にはスイートが◎)
バスアメニティはロクシタン。
ラウンジは隣のヒルトンと比べて「ゆったり」感がある。利用者も少ない。席の配置も広々している。いい意味でスタッフとの距離感があり、缶飲料やビールが「セルフ」なのも個人的には気楽で良い。
朝食やカクテルタイムのツマミ系も「標準以上と思う」のだが、ヒルトンの後では「迫力不足」と映ってしまう。
昼間でもビールが無料なのが良い。(ヒルトンはカクテルタイム以外は有料)
同じ場所にある、ヒルトンとメリディアン。それぞれに個性がある。プールとジムなどは共有している。特にプールは街中とは思えないリゾート感がある。
#部屋でのインターネット利用料金。24H=RM50なのだが、エグゼクティブクラス宿泊時は無料。(ラウンジでの無線ランは無料。)
#今回のようにスイートにUPしてもらえると、やっぱS.P.Gなのかなと思う。ヒルトンやハイアットではスイートUPは望めない。

Hilton Kuala Lumpur

P1090430.jpg

Hilton Kuala Lumpurには、Sheraton Imperial Kuala Lumpurからネットで予約を入れた。Hilton HHonorsのDiamondに(今年の1月からD)なってから初めてのHilton系宿泊。Diamondに成って目的意識が無くなってしまったようだ。(Diamondの期間が2009年4月となり今年は頑張らなくても良い)
隣のLe MERIDIENには3回泊っているが、ここには初めての宿泊。ロビーの雰囲気など「さすがヒルトン」と思わせる高級感かある。黒を基調としたモダンなデザイン。室内も最近のデザインで、ベットルームとバスルームなどを、スモーク加工されたガラス戸で開閉でき「おしゃれ~」なモダニズム満載。42インチプラズマTVも部屋のイメージにあう。
しかし、実用に多少の不満も残る。バスルームとトイレが光源を共有している為、夜中などのトイレ利用時にベットルームに明かりが入る。(一人で泊るなら問題は無いのだが)トイレ内にマガジンラックがあり雑誌も置いてあるがバスルームからの光だけでは暗く読みにくい。トイレはウォッシュレット仕様でありがたい。デザインやイメージを優先している感がある。

ダイヤ会員でも部屋のアップはなかった。しかし、ラウンジ・アクセスやランドリー・サービス(4枚まで)、部屋でのインターネット50%OFFなど利用できた。
ラウンジは評判通り素晴らしかった。昼間でもサンドイッチ・フルーツ類などがあり「ランチ代わり」になる。夜は、ツマミ系も充実していて「寿司」まであった。朝食もラウンジとしては◎。「食事代わりに十分なラウンジ」である。

Seraton Inperial Kuala Lumpur

P1090410.jpg

Seraton Inperial Kuala Lumpurには3回目の宿泊。
現在りのリノベーション中。上層階から工事をしている様子で38階のクラブ・ラウンジ閉鎖中です。3階に臨時のラウンジがあり、無線ランも使えるようになっています。テーブルが狭く使いにくい面も(PCを使うと)ありますが、カクテルタイムのツマミは充実していて、完全に夕食の代わりになりました。
今回、残念ながら部屋のUPはありませんでしたが、元々シェラトンのラグジュアリー系ですから部屋も広く高級感があります。しかし、入室したところ工事音が結構聞こえるので2泊の予約をしていましたが、1泊だけにして1泊はキャンセルしました。(スイートのUPが無かったのも大きな要因ではありますが・・・)
そんなことで、明日の宿泊はHilton Kuala Lumpur に予約を入れました。

Arabella Sheraton Grand Hotel

P1090323.jpg

フランクフルトではArabella Sheraton Grand Hotelに宿泊。(2泊)
Sバーン・Uバーンkonstablerwach駅下車。歩行者天国のショッピングストリートに
近い。レーマー広場などの観光スポットも徒歩圏内。
このホテル2年前にも3泊した。現在はリノベーション中であり、ロビー付近が狭くなっている。以前のフロント辺りが囲われていて
今のフロントはドアを入って正面。いかにも急作りの間に合わせ。(チョット残念)
シェラトンのラグジュアリー系なので部屋は落ち着きがあり豪華仕様。
今回はJHC経由の予約だったが、SPGのメンバーカードを出したところ、プラチナアメニティー選択カードを出してくれたので、思わず「500ポイント」にチェック。(本当にポイント付くのかな~?付けばラッキー!)
おまけに、部屋をアップグレードしてくれた。(コーナーデラックス?)ジュニア・スイートって感じの広い部屋。
バスアメニティーはブルガリ!

K+K Hotel Am Harrs

 P1090159.jpg


ミュンヘンの宿はK+K Hotel Am Harrs。ミュンヘン中央駅からSバーンに乗って行った。地図上は4つ目の駅。(乗り換え1回)ただ、S27(本数は少ないが)なら、乗り換えなしで2駅目。


今日Sバーンに乗ったのは、デュッセルドルフからジャーマン・レイル・パスを使っていた為でSバーンならば今日はフリーで乗れるから。


Uバーンであれば本数も多く便利。マリエン広場からU6でスムーズに来れる。


こじんまりした、ビジネスホテル。新しくはないが綺麗に手入れされている。さすがドイツ。1Fのフロント近くでコーヒーや紅茶がフリーで飲めるのはありがたい。(セルフ)部屋でのインターネット接続が無料。(要ノートパソコン)昨日のNHデュッセルドルフや、その前のシェラトンでは24Hで17ユーロ。僕の価格帯では無いので利用しなかった。この差は大きい!ドイツ来てからのブログはこのホテルで書いている。無料とは本当にありがたい事だ。1Fに2台パソコンがあり、これも無料。(日本語表示が出来るかは未確認)こうなると、このホテルの部屋の狭さや籐の家具にも目をつぶってしまう。ガラスのテーブルも使いにくいが、我慢できちゃう。このホテルには4泊の予定。



テーマ:ホテル - ジャンル:旅行

NHDuesseldorf City-center

P1080890.jpg

今日のホテル、NHDuesseldorf City-center は、
デュッセルドルフ中央駅からUバーン(U74かU77)で1駅。Oberbilker Markt/Warshauer駅下車すぐ。
地下鉄駅すぐで便利。スグそばにコンビニ的売店あり。(ビールなどアルコール類の販売あり)
円形のデザイン的ホテルで室内の家具類も機能的でスッキリしたデザイン。(かなりスッキリしている)
高級な重厚感は無いが清潔感があり好感がもてる。
ビジネスホテルだからこんなものか!の感もあったが朝食の充実度に満足し◎を付けてしまった。
食べ物には弱い。そんなに豪華な朝食という訳ではないが、対価格を考えれば満足。
とは言っても2日目には「こんなものか!」という感じ。一日目は期待していなかったので
より以上に「満足!」と感じたのかも!
(5/11~13の2泊宿泊)

テーマ:ホテル - ジャンル:旅行

Arabella Sheraton Am Busing Palais

P1080802.jpg

Arabella Sheraton Am Busing Palaisは、フランクフルト・エアポートのターミナル1地下
Sバーン1番乗り場から20分程度。(S8,S9に乗る)
Markpoint駅下車(西側・南出口)から近いが、低層(5階建てだが)ホテルの為、駅出口からは
ホテルの確認はできない。(北出口からなら見えるかもしれないが)
ホテルにはポイント宿泊(カテゴリー2・平日で4000p)だがチェックイン時に、
プラチナアメニティーの選択シートの提示があったのでポイント(500p)をしておいた。
本当に500pもらえたらラッキー!というか良い制度だ。

プラチナ会員用のキー容れには、「アップグレードしていますよ」というシールが張ってあった。
この、シールが張ってあると、かえってアヤシイ!前回のバンクーバーと同じやり方だ。
やはり、コーナー・デラックス止まり。朝食付き(2人分)だったからマアOK!
(5/10~11の1泊)

テーマ:ホテル - ジャンル:旅行

«  | HOME |  »

プロフィール

おっけー

Author:おっけー
2007年にMarriott Vacation Club の会員になり旅行のスタイルが変わりました。
English Version 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する