2007-12

ノースウエスト マイル&インボラ アップグレード

NORTHWEST AIRLINES
ソルトレイクへのAirはノースウエスト。
往路は名古屋(NGO)⇒成田(NRT)⇒ミネアポリス(MSP)⇒ソルトレイクシティー(SLC)
復路=ソルトレイクシティー⇒ロサンゼルス(LAX)⇒成田⇒名古屋
・・・行きと帰りの経路が違うのは、到着時間の都合。

まずは、結果を言っておこう!
往路=マイルでのUPでビジネスクラス利用。MSP⇒SLCは小型機の為ビジネスクラスの設定なし。
復路=LAX⇒NRTがインボラUPでビジネスクラス。(たぶんオーバーブッキングの為)

マイルでのアップグレード(エコノミーからビジネス)がしたくて、
今回初めてBクラス(正規割引旅券)購入。

旅券購入から(搭乗日の二ヶ月くらい前)から、ノースのカスタマーセンターに何度か連絡していたが枠が無く取れなかった。
マイルでのUP枠の設定が少なく空席状況によって(有料客優先)変わってくるようだ。
一ヶ月前、一週間前・前日とTELした結果、UPが決まったのは搭乗の一日前。
片道のUPで3万マイル(一人)掛かるので、帰りの便も取れると言われたが
今回は往路だけにした。(3万マイルでアジア圏のビジネスクラスの往復旅券が取れる)

結果としては大正解!実は今回いろんな状況を想定していた。
今回の旅行中に(往路終了時)、会員資格がゴールドエリートからプラチナエリート(ノースでの最高会員資格)に成る事が決まっていたので、復路は資格でUPを狙っていたし、購入旅券の順位も高いと踏んでいた。
あとは、ノースのお家芸ともいえるオーバーブッキング待ちで、結果として思ったようになったが・・・

プラチナエリートだからか?購入旅券のクラスによるものなのか?
今後の事を思えば、「プラチナエリートだから貴方はUP」と言って欲しい!

しかし、快適!この文書は飛行機の中で書いている。
さっきまで寝ていたところだ。シェルフラットの座席?ベットは快適だ。

ノースの場合エコノミーとビジネスの差は大きい。エコノミーの場合、体育系の男性と老女又は大型女性のCA。
食事のトレイのやけに小さい事。アルコール類有料などなどが個人的印象なのだが・・・
ビジネスの場合サービス体制はずいぶん違う。多少(伝統の為か?)エコノミーのイメージを引きずっているが親切だ。食事もそれなりに頑張っている。

今日UPの事がわかったのは、搭乗ゲートを越えてから・・・チケットを係りに渡して半券をもらってから配偶者と「だめだったね!」と言いながら歩きかけたら「・・・sama」と声が掛かり「やったかな?」と顔を見合わせゲートに戻ると、チケットを渡され座席番号でビジネスクラスと確認!「やったね!」

プラチナエリート昇格、初搭乗で初インボラUP。
ホテルの会員資格と今後はAirでも資格維持が大変だが、こんな事があると益々深みにハマッテいきそうだ。

#インボラ・アップグレードは Involuntary upgrade の略。
インボランタリーには、『意思によらない』とか『意図しない』っていう意味があるようです。





スポンサーサイト

テーマ:マイレージ - ジャンル:旅行

The Canyons Resort

The Canyons Resort

テーマ:スキー&スノーリゾート - ジャンル:旅行

Deer Valley Resort

Deer Valley Resort
パークシティから約20分。全米随一の高級スキーリゾートといわれている。
バスを降りたらアテンダントがさっそく「Deer Valleyへようこそ」と出迎えてくれた。
「日本から来たんだ。初めてだよ!」と伝えたら、「リフト券売り場はこっちだよ」と
我々二人分のスキー板を持ってくれ案内してくれた。(扱いが良い)

テーマ:スキー&スノーリゾート - ジャンル:旅行

Park City Mountain Resort

Park City Mountain Resort
ホテルが在るところなので、今回メインのスキー場。
パークシティの中心街からも、リフトが運行されているので街中のホテルからのアクセスも便利。また、市内循環バスが充実しているので、ショッピング(アウトレット・モールもあり)や、他のスキーリゾート(Deer ValleyやThe CANYONS)にも、バスで行くことが出来る。しかも、この便利なバスは”無料”!

USナショナル・スキー&スノーボード・チームの本拠地。

12月16日現在、リフト運行は10。

テーマ:スキー&スノーリゾート - ジャンル:旅行

Marriott's Mountain Side at Park City

Marriott's Mountain Side at Park City に宿泊中です。
ソルトレイクシティーからシャトル・バンで1時間ぐらい。

パークシティーは2002年ソルトレイク・オリンピックの種目開催のスキー場です。
宿泊中のMarriott's Mountain Side at Park City は、ゲレンデサイドのホテルで
スキー・イン&スキー・アウトが出来る、スキーにはうってつけのロケーション。

11月2日から1週間はホテルルームだったが、今日(11月9日)から2ベットルーム。
1ベットルーム+ホテルルーム=2ベットルームだから2人には十二分の広さだ。
今までのホテルルームでも、電子レンジと小さなシンクがあり食器類も少々あったので、普通のホテルよりは良かったが、今度はフルキッチン付でベットルーム=2、トイレ=2.洗面=3に広々リビング。TV3台。
1ベットルームが取れなかったので、こんな部屋の予約になってしまった。

今年は雪が遅く、昨日までリフト4本(うち連絡リフト2本)。コースを考えれば実質1本という感じだったが、ようやくここ2日の雪で今日は7本のリフトが稼動。
流石にアメリカのスキー場、リフト1本が長い!

ホテル2Fにスキー・クロークがあり、ドアをでるとジャグジーとプールがある。ジャグジーの所からホテル外に出ると、リフト乗り場に滑って降りられる。帰りも滑ってこれるので本当に楽だ。

アップグレードは嬉しい!コンチネンタル航空

11月4日。バリに行くのに、グアムでもホテルに泊まりたかったのでコンチネンタル航空を利用したところ、インボラ・アップとなった。
僕らはノースウエスト航空のワールドパークスの会員で最近ゴールドに成ったばかり。
今回のノースと同じスカイチームのコンチネンタルで名古屋ーグアムーバリを往復。

エコノミー格安旅券で予約していたが、セントレア(名古屋)チェックイン・カウンターで
名古屋ーグアムがビジネスにUP。グアムーバリは配偶者のみUP。僕は、エコノミーの非常口席。
この席は前後が広い。
復路はめでたく、二人とも全工程UPになった。ゴールドになってよかった。
配偶者=100%、私メは75%のUP。

コンチネンタルのバリ便ビジネスは、8~9万円で出ているので予約していたのだが、往路の
グアムーバリ間が取れず今回エコノミーでの予約。結果としてエコノミー予約で正解だった。。

現在の旅行中にプラチナレベルに成る予定。
今年はホテルの他にエアーでも修行中なのです。

テーマ:マイレージ - ジャンル:旅行

雪が降っています!Sheraton City Center Hotel,Salt Lake City

Sheraton City Center Hotel,Salt Lake Cityに昨日チェックイン。2泊の予定。
ブログのホテルの宿泊順を気にしていると・・・書けない状況で。(なまけ心)
ハワイとグアム、バリのホテル系が未記入・・・!(早く書かねば!)

雪が降っているので今日の分はリアルタイム。
明日からソルトレイク近郊のスキー場(Park City)に行くのだが、
実は積雪が少なく心配していたので、今日はウハウハしている。

さて、このホテルダウンタウンから一寸離れた所にある。まだ、昨夕着いたところで
散策していないが、すぐ近くにはマクドナルド、デニーズがある。スターバックス・コーヒーはホテルの1Fにある。食事を安く上げる手段が近くにあるのは、ありがたい。

部屋は10階(最上階)の1012号室。エレベーターの所に「Clubレベル」とエリア表示があった。
同じ階にラウンジがあり朝食(プラチナ特典)が付いたのはうれしい。
しかし、このラウンジ夜の部は日曜から水曜までしかオープンしていない。(??)

部屋は、特に特徴はない。不満も無い。スイートへのアップも無かったので残念だが、
数も少なそうだし仕方なし。今回はポイント宿泊。

部屋のインターネット環境は、24Hで8ドルナンボと12ドルナンボの2種類。(端数は忘れてしまった)8ドルの方は、メールやチャットに・・・と書いてありHPなどは12ドル・・・と書いてあったので僕は12ドルを選択。

ソルトレイクのエアポートとホテルをホテルのシャトルバスが定期運行。無料。

このホテルには12月16日にも予約を入れている。

追伸
 ・ラウンジの朝食は、ホットミール2品ありで個人的には合格点。(期待してなかったので)
  また、ラウンジは一日中オープンしていて(部屋のカードキーで入る)スッタッフは居ないこ  とが多いが、飲み物など自由に飲めるし持ってこれる。(結構OKのラウンジ)

 ・マクドナルドと同じブロックにリカーショップ発見!(当然徒歩圏内!◎です)
  ソルトレイクにリカーショップは少ないと思われる。
  
  

«  | HOME |  »

プロフィール

おっけー

Author:おっけー
2007年にMarriott Vacation Club の会員になり旅行のスタイルが変わりました。
English Version 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する